SAH Sports Column

広島県における観光とスポーツの融合

     (写真提供:HIT/しまなみ海道)

 広島県観光連盟(以下,HIT) チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長を務めております,山邊昌太郎です。


 広島の観光地というと,広島に住む皆さん,そして広島出身の皆さんは何を思い浮かべますか。多くの人は平和記念公園,または宮島とお答えになるでしょう。


 広島のスポーツというと,何を思い浮かべますか。同じく多くの方が,広島東洋カープ,サンフレッチェ広島をはじめとする,野球やJリーグなどの球団やクラブをイメージされるでしょう。


 もちろん,長く親しまれている観光地やスポーツは,なくてはならない大切なものです。しかし広島には,大きな成長が期待される観光産業やスポーツ産業が他にもたくさん存在しています。我が街,広島における観光とスポーツの可能性や課題について,ぜひ皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

圧倒的顧客志向で新たな観光商品を

       (写真提供:HIT/世羅高原農場)

 広島生まれ広島育ちの僕は、高校を卒業後,京都大学へ進学。新卒で(株)リクルートに入社しました。新規事業開発,リクナビをはじめとする求人誌編集長を経て退職。複数の事業会社に関わったのち,2016年にカルビーの新商品開発拠点「Calbee Future Labo」立ち上げのため,30年ぶりに故郷広島へ戻ってきました。


 2020年4月からHITに勤務。県の方から「既成概念なく,広島の観光について考えてほしい」とお声がけいただき現職に至ります。


 仕事を進めるうえで僕が大きく影響を受けたのは,新卒で入社したリクルート時代です。その当時は、今のような「いい会社」ではなかった笑。しかしリクルートには「圧倒的当事者意識」や「自ら機会を創り出し機会により自らを変えよ」という言葉が,社訓として掲げられていました。自分で考え,自分でチャンスを作り,自由な意見を交わし、変革を起こす。社会人として成長する土台が形成されたと思います。

        (写真提供:HIT/帝釈峡)

 そして,リクナビという媒体を作る過程におき,顧客思考に目覚めました。サービスは支持してくれる人がいるからこそ成り立っていると強烈に感じたのです。


 あらゆる事業を経験し「圧倒的顧客志向」が僕の旗印となりました。極端にいうと,僕の考えが全てではなくお客様の意見が全て正しいという前提で、物事を判断。もちろん僕自身の意見も発し議論も行いますが,判断基準にカスタマー動向を大切にする意識が,現在も非常に強く根付いています。


 その考えを軸に,HITが広島にできることを常に考え行動しています。

新プロダクトで広島の魅力アップ

        (写真提供:HIT/筆影山)

 HITは広島の観光をグイグイと推進する組織です。たくさんの人に広島に来ていただき,広島のあらゆる場所や食を堪能し,宿泊をして楽しんでもらうことが最大のミッションになります。


 新たな広島の観光事業確立のため,掲げたコンセプトが、リピータブルな観光を実現すること。つまり広島を何度も来てもらえる観光地にしたいのです。


 広島の観光には、泊まってもらえない,そして何回も来てもらえないという問題があります。先に述べた平和記念公園と宮島,その2つを見たら広島の旅は終わり,旅行客は福岡や大阪に移動してしまうのです。今年行ったから来年もまた平和公園に行こうともなりません。せっかく新規の旅行客が来る象徴的な場所があるのに,その後に続かないことが広島の最大の弱点なのです。

        (写真提供:HIT/原爆ドーム)

 そこで,リピータブルな観光を実現するための戦略が,「ロングテール戦略」。100万人が来るスポットを1カ所作るよりも,1万人が熱狂する場所を100カ所作ろう、そう呼びかけています。ある層にとっては興味を持たれなくとも,誰かが熱狂的に支持する魅惑の名所をたくさん作りたいのです。お酒好きが集まる地区,アニメの聖地,良質な温泉が湧く場所など,マニアにはたまらないスポットが広島にはたくさんあります。1万人といっても多く思えるかもしれませんが,365日で計算すると1日30人です。1日30人が来る観光スポットは,僕たち広島の人が知らないだけで,県内にたくさん存在しています。これを,「Amazonよろしくロングテールな観光地作り」と呼んでいます。


 広島を一度離れた僕も,地元の素晴らしさを再発見することが多々あります。広島県民が当たり前すぎて気づかなかったことが,県外の人から見ると魅力的なものに溢れていることが大いにあります。その魅力を再編集することによって,支持されるプロジェクトをたくさん作っていくこと。昨年からのコロナ禍で,あらゆることがスムーズに進みませんでしたが,逆にその時間を使い,足場を固めようと前向きに取り組んできました。

多様性ある広島のスポーツに期待大

      (写真提供:HIT/江田島サップ)

 スポーツについて言うと,多種における競技レベルの高さが広島の特徴だと思います。野球,サッカー,バスケットボール,ハンドボール,ホッケー・・・。これだけスポーツが盛んな県は他にありません。


 それに加え,広島が持っている土壌が,スポーツの可能性を大きく広げていると感じています。川,海,山が織りなす豊かな自然。川でSUPができ,雪山ではウィンタースポーツ,海辺ではサイクリングを楽しめます。スポーツに於いても多様性を生み出せる広島は、素晴らしい環境に恵まれているのです。


 スポーツアクティビティとして今話題になっているその一つが,シティロゲイニング。街を走るフィールドにして,地図を頼りに指定されたスポットを周る新しいスポーツです。発祥は広島。これまで宮島や呉市で開催され,大きな反響がありました。観光要素を多く取り入れているため,広島の観光につながる新たな取り組みになると感じています。

   (三次市で開催された女子硬式野球西日本プレ大会)

 市内中心部からもアクセスしやすい湯来町では,シャワークライミングが注目を浴びています。清流を進み,滝を登ったり,滝壺にダイブするダイナミックなプログラムで,大自然を満喫できます。


 冬のスポーツでといえばスキー。県北にあるスキー場を夏場に利用して,斜面をマウンテンバイクやバギーに乗り,​ゲレンデや森の中を走る観光プロダクトも生み出しました。


 このように、家族でも遊べるスポーツ感覚を取り入れたプロダクトが,観光において大変増えているのです。


 女子野球も広島で盛り上がっています。廿日市市と三次市が全日本女子野球連盟より女子野球タウンに任命されました。11月には女子野球の全国大会が開催されます。この時,ただ大会を目的とするだけでなく,周辺の市町と連携し、県北東部や広島の街をツアーして周る取り組みも構想中です。せっかく広島に来ていただけるなら,喜んでもらいたい。「広島に来てよかった!また来よう!」と思っていただきたいのです。

未来を見据え、地域、個人で当事者意識を

        (写真提供:HIT/三段峡)

 観光の裾野は広範囲にわたります。観光地,宿泊,食事だけが観光産業ではありません。


 僕が強く願うのは,地域の人たちが「当事者意識を持つこと」です。自分たちにできることはないかと,地域の方々が心から思えることが,とても大切だと思っています。


 先ほどの三次市の例でいうと、大会に関してはSAHが運営に携わります。では,三次市民は何をするのでしょうか。女子野球の大会が自分たちの街で開催される意識を持ち,道に迷っている人がいたら声をかける,街を綺麗に保つためゴミを拾うなど,当事者として振る舞うことができるか否かがすごく大事だと思うのです。


 もしかすると,野球とは関係ないように思われる文房具屋さんに,スコアを書くための赤いボールペンが必要になったと駆け込む人が現れるかもしれません。我が事として向き合うことが,一番大切だと思います。

 僕たちは,この当事者意識をテーマに,広島の魅力発信に協力していただける方を「HIT ひろしま観光大使」として昨年度から募集し任命しています。応募資格はただ一つ「広島が好き」なこと。こうして広島の観光に携わる人,広島に住んでいる人が当事者になれば,広島の観光は目覚ましく発展すると思ったのです。スポーツも観光も,地域の人たちが当事者になることで,大きく変わると確信しています。


 数年前,広島カープが優勝した年,僕は平和大通りで開催されたパレードを見に行きました。おじいちゃんもおばあちゃんも,子どもも,女性も男性も、みんながカープのユニフォームを着て優勝を祝う様子に感動し,涙が出ました。まさにこれは,多様な人々が,そして地域が一体になっている証です。


 こんな光景は,東京では絶対にありえません。野球のユニフォームをまるで普段着のように着て街に出ること自体ありえません。ジャイアンツのユニフォームを,家から東京ドームまで着ていく人もいません。それほど広島に浸透しているカープと,カープを愛する広島県民。あのシーンこそ,他人事ではなく,我が事としている確固たる証拠なのです。


 東京暮らしが長かった僕は,広島に帰る気はありませんでした。失礼な言い方になりますが,広島に帰っても面白い仕事なんてないと思っていたし、魅力も感じていなかった。しかし5年前故郷に帰ってきた時,見慣れていたはずの広島の風景を,とても美しいと感じたのです。


 皆さんの身近にある当たり前は,誰かにとっては見たこともない素晴らしい景色かもしれません。観光もスポーツも「自分ごと」として関わり,旅の選択肢として広島を一番に選んでもらえるよう、より魅力的で価値ある広島を,共に創っていきましょう。

【山邊昌太郎 Yamabe Shotaro】

一社)広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長

1970年生まれ。広島県出身。京都大学工学部卒。

1992年(株)リクルートに入社。新規事業開発、就職関連情報誌編集長を経て、2008年に退社。その後、数社で事業開発を歴任し、2016年Calbee Future Labo立ち上げに伴いクリエイティブディレクターとして着任。2020年4月より現職。広島大学客員教授。