SAH Sports Column

サンフレッチェ広島レジーナ誕生~ゼロから歩む女子サッカーの未来~

    (撮影:スポーツアクティベーションひろしま)

 皆さん,こんにちは。森﨑浩司です。昨年に引き続き,2回目のコラム寄稿となります。


 現在僕は,サンフレッチェ広島アンバサダーとして,サンフレッチェをよりたくさんの方に知っていただけるようクラブの広報を担っています。

 
 皆さんに改めて知っていただきたいのが,女子サッカー。

 
 今秋,日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が開幕します。合わせて,サンフレッチェに新たな女子チーム「サンフレッチェ広島レジーナ」が誕生しました。


 今後の発展が更に期待できる女子サッカーと,広島に根差すサンフレッチェの近い未来について,ぜひ注目していただきたいと思います。

日本初の女子プロサッカーリーグ創設とレジーナの誕生

 サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」が,2011年のFIFA女子ワールドカップで優勝を果たした偉業は,皆さんの記憶にも新しいと思います。

     (写真提供:サンフレッチェ広島レジーナ)

 あれから10年,日本女子サッカー初のプロリーグが今年9月にスタートします。


 一躍知名度を急上昇させた女子サッカーを再度活性化させるため,そして女性活躍の場を広げるためプロ化が実現。これまでプレーする環境が十分でなかった女子サッカーにとって,大きな一歩となるでしょう。


 リーグ新設に伴い,サンフレッチェ広島は,新たに女子チーム「サンフレッチェ広島レジーナ」(以下,レジーナ)を発足。令和2年10月にはリーグ参入が決定しました。


 レジーナとは,イタリア語で「女王」の意味。その名の通り,WEリーグの女王となることを期待しています。

生まれ変わる女子サッカー界と実力派揃いのレジーナ

     (写真提供:サンフレッチェ広島レジーナ)

 レジーナは,まったくゼロから生まれたチームです。

 これまでサンフレッチェ広島には女子部門は存在しなかったため,まずは組織作りからスタート。監督,ヘッドコーチ,選手を全国から選抜,獲得する作業から始め,スタッフを含め,約1年という短期間で,日本最高峰リーグで戦えるチームを作り上げてきました。


 スポーツ業界全般に言えますが,サンフレッチェ広島も新型コロナウイルスの影響で来場者数が制限されるなど,クラブとしても大きなダメージを受けています。男子サッカーにおいても,ファン離れやサポーター離れが危惧されているなか,女子サッカーはサッカー業界全体の盛り上げのためにも,非常に大切な存在です。


 厳しい経営の中での新チーム立ち上げは,挑戦あり,女子サッカーへの参入は,「チャレンジしないと何も生まれない」というクラブからの大きなメッセージがあると,僕は感じています。


 発足時から少しずつレジーナを見させてもらっている僕ですが,新しいことにチャレンジしたい,これから新しい歴史を作っていきたいという思いを持つ選手が揃い,モチベーションの高さがチーム全体から感じられます。

     (写真提供:サンフレッチェ広島レジーナ)

 サンフレッチェ広島の強みと同じく,最後まで諦めない戦いとひたむきなプレー。この2つがベースとなるチームに成長していくでしょう。


 そしてレジーナのメンバーには,FIFA女子ワールドカップ優勝メンバー(なでしこジャパン)の近賀ゆかり選手,福元美穂選手と,日本女子サッカー躍進のど真ん中で走り続けている選手がいます。2人は選手としてはもちろん,世界一を知る経験を活かし,広報活動にも積極的に参加してくれています。


 WEリーグの創設,そしてレジーナの誕生により,サッカーを愛する女性たちが,夢を持てる時代に突入しました。女性がプロサッカー選手を目指せる土台が完成したと思います。


 サンフレッチェ広島も,女子サッカーの環境が整わず夢半ばで諦めてしまった子どもたちを今後生まないために,レジーナが受け皿となってプロを目指せる環境を作っていかなくてはなりません。

純粋でひたむき,女子サッカーの進歩と魅力

 女子サッカーは男子サッカーと比べると,スピード感やフィジカル面など,スポーツパフォーマンスにどうしても性差が出てしまいます。

 しかし僕が見る限り,女子はチーム一体でゴールを目指すようなサッカーを展開。

     (写真提供:サンフレッチェ広島レジーナ)

 体と体がぶつかり合うこともある競技ですが,男子よりもファールが少ないので,プレーが途切れることなく続いていきます。クリーンなサッカーを展開するので,見ていて清々しい気持ちになれます。体格も,一般の女性とあまり見た目が変わらないため,男子選手より身近に感じてもらえるのではと思います。


 加えて女子選手たちは,今まで環境が整ってない中で,小さい頃からサッカーを続けてきています。その思いは並大抵のものではなく「本当にサッカーが好き」という並々なら気持ちを彼女たちから感じています。


 レジーナには,技術が素晴らしく高い選手が多く,両足をそつなくこなせる選手もいます。 正直僕は,女子サッカーを見た経験がこれまであまりなかったので,彼女たちの活力や技術に驚いているところです。

新スタジアムで賑わいを創出,サッカーで広島の街にパワーを

     (写真提供:サンフレッチェ広島レジーナ)

 長く続くコロナ禍で,ネガティブな要素が皆さんの生活にも入り込んでいることでしょう。


 男子チーム・女子チームともに,「皆さんの希望の光になれるよう,パワーを与えられるようなクラブであり続けたい」,またクラブとして「夢と感動を共有していきたい」という理念を持ち,方向性をしっかりと守り,今後も精力的に活動していきます。


 僕の個人的な考えですが,お客さんがスタジアムに来るのが難しい状況下で,オンラインで行う応援スタイルなど,新たな方法を考えていかなくてはなりません。サンフレッチェ広島を常に近くに感じてもらえるよう,オンラインでの交流やSNSでの活動をさらに増やしていくフェーズに移行しつつあると感じています。


 そして嬉しいことに,新しいスタジアムが2024年に完成予定です。 僕が現役時代からずっと訴えていた提案が叶います。楽しみしかありません。広島はやはり,あらゆるスポーツが盛んなスポーツ大国だと思います。

 広島の中心地にスタジアムができることでサンフレッチェ広島の試合に足を運びやすくなるのはもちろん,サッカーだけに限らず,新スタジアムが広島を象徴するシンボル的な存在になると確信しています。そしてなにより,多くの人々で賑わい,街中に活気が出ることを期待しています。


 レジーナのホーム開幕戦は9月18日(土)です。当日,RCCラジオで中継放送を行います。僕は解説として出演する予定です。スタジアムに来れずとも,ぜひラジオで聴いてもらい,試合の臨場感を楽しんでください。パソコンやスマートフォンで使えるアプリ「radiko」だと,聴き逃してしまった場合にも放送から1週間以内なら聴取可能です。


 テレビ地上波での放送はありませんが,動画配信チャンネル「DAZN(ダゾーン)」(有料)ではリアル中継されます。


 「広島の街に,元気を取り戻したい」


 サンフレッチェ広島もレジーナも,同じ想いで試合に臨みます。皆さんの力強い声援が一番の励みになります。応援,よろしくお願いいたします!

【森﨑浩司Morisaki Koji】

 広島県安芸区出身。2000年にサンフレッチェ広島に入団。兄・和幸と共にJリーグ史上初の双子選手として活躍する。アテネ五輪にも出場し,日本代表としても活躍。広島一筋でプレーし,3度のリーグ優勝に貢献した。2016シーズンで,現役を引退。その後,サンフレッチェ広島アンバサダーとして,各種メディアやイベントを通じ,サンフレッチェ広島の魅力を発信。2019年に出版された兄と共著である初書籍「うつ白 ~そんな自分も好きになる」も話題に。