取材記事

「ホッケー王国」復活へ。若きアスリートの挑戦

 2020年12月6日。コカ・コーラレッドスパークスが,第81回全日本女子ホッケー選手権大会で8年ぶりの優勝を果たし,シーズン三冠を達成した。


※シーズン三冠…ホッケー日本リーグ・全日本社会人ホッケー選手権大会・全日本女子ホッケー選手権大会の全てで優勝すること。例年は国民体育大会ホッケー競技を含む四冠だが,今季は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となっている。


 さらに,広島ホッケー界で嬉しいニュースとなっていたのが,ホッケーU-15日本代表に2名の選手が選出されたことだ。同カテゴリーで,代表メンバーに選出されるのは,男女共に県内初。世界の舞台での活躍も期待される。

 
 そんな2人は,日の丸を背負い海外遠征に参加する予定だったが,新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった為,12月5日,6日に開催される東西対抗戦に出場した。


※東西対抗戦…U-15日本代表メンバーを東日本と西日本でチーム分けした交流試合。

 
 これからの活躍が楽しみな2人に今の心境を伺った。

(終始笑顔でインタビューを受ける梅本くん)

――ホッケーを始めたきっかけは?――

 梅本くん:近所の友達に誘ってもらったのがきっかけで始めました。4年生の時に,近くの野球チームの体験に行こうとしてたんですけど,その前に友達からホッケーに誘われて,ホッケーが楽しかったんで始めました。


 宮本さん:おじいちゃんが元々ホッケーをやっていて,おじいちゃんに誘われて始めました。マスターズで今もプレーしているし,ここ(ブエナビスタ)で指導もしてますよ!


――ホッケーで一番楽しいことは?――

 梅本くん:やっぱり試合とか練習試合とか実践形式が楽しいですね!


 宮本さん:だよね!実践の方か楽しいです!


――ホッケーの魅力は?――

 宮本さん:やっぱりスピード感ですね!他の競技とは違うスピード感は魅力だと思います!テレビ放送してくれたらいいのに!さくらジャパンに東京五輪で金メダル取ってほしい!

――試合はたくさんある?――

 梅本くん:練習試合は1週間に1回はやってます。


 宮本さん:山陽高校とよく練習試合させてもらっています。


※山陽高等学校ホッケー部…1923年創部。これまで数々の大会での優勝や世代別日本代表を選出するなど,「ホッケー王国広島」の礎を築いた。2020年度からは女子部も立ち上げた。

    (緊張しながらもしっかりと質問に答える宮本さん)

――普段心掛けていることやモチベーションの保ち方は?――

 梅本くん:常に笑顔でプレーすることですね!


 宮本さん:練習試合とか同世代の選手とはできないことが多いけど,高校生との実戦形式だと,やっぱりスピード感も違うし,逆にそれが楽しくてモチベーションになります。


――試合の中で頑張りたいプレーは?――

 梅本くん:僕はパスとシュートですね。ドリブルが得意なので,そこも頑張りたいです!


 宮本さん:私はパスかな!

――遠征や合宿が多いと思いますが,勉強との両立は大変?――

 宮本さん:あー,テスト週間は大変かも(笑)全然勉強できてない!!って焦るとき多いです(笑)宿題はなるべく学校の空き時間でするようにしてます。

 梅本くん:僕は特に不安はないかな!(笑)点数が高いわけじゃないけど,それなりに頑張っているので大丈夫です!(笑)

――1日何でもできる休みがあったら何がしたい?――

 梅本くん:僕はずっとホッケーしたいですね。あとはゲームかな?(笑)家族とゲームしたいです。


 宮本さん:普段は練習でなかなか遊びに行けないので,友達と映画観に行ったりして遊びたいですね!


――学校で何か流行っていることは?――

 梅本くん:今バレーボールが流行ってます!休憩時間によく友達とやってますね。やっぱり友達と遊ぶのが楽しいです!


――コカ・コーラレッドスパークスの憧れの選手は?――

 梅本くん:河村選手と錦織選手です!


 宮本さん:錦織選手に憧れてます!何度か交流もしたことあります!

――今回U-15日本代表に選ばれた感想は?――

 梅本くん:日の丸をつけるのは初めてなので,やっぱり嬉しいです。

    (U-15日本代表のユニフォームを着用する2名)

 宮本さん:嬉しいですね。選考の結果がネットで発表されたんですけど,いつ発表されるか決まっていなかったので,一緒に受けた他の選手に教えてもらってから結果を見たんですよ(笑)自分の名前があって嬉しかったですし,おじいちゃんが一番喜んでくれました!みんな同じくらいの実力だったので,選ばれたかどうか最後までドキドキでした。


――U-15日本代表東西対抗戦でどんなプレーがしたい?(取材は12/1時点)――

 宮本さん:誰よりも目立つプレーをしたいです!!


 梅本くん:良いプレーをいっぱいしたいですね!

――選考会で県外の選手と交流しましたが印象は?――

 梅本くん:やっぱり上手です!うまいな~って思いました。

 
 宮本さん:みんな同じくらいの実力だなって感じました。やっぱり同じくらいの実力の選手と練習できるのは楽しいですね!パスが回ってよくボールが動くし,走ってパスを取ってくれます!

――進学する学校を決める時に悩んだ?――

 宮本さん:元々,県外の高校へ進学するつもりだったんですけど,どこの県にするかは悩みましたね。決め手は先生の指導方法です。


 梅本くん:僕は施設面が整っているのと,その学校の監督に指導してほしいと思ったから選びました。あとは大学進学も考えているので,そのあたりも含めて決めましたね。


――高校のホッケー部で頑張りたいことは?――

 宮本さん:まずは試合に出るメンバーに選ばれることです!


 梅本くん:僕が進学する学校は,最近全国大会でもなかなか優勝とかできていないので,僕が入部して,全国の舞台で上位入賞できるように,チームメイトと練習して,3年生の時は全国優勝したいですね!


――最後に今後の目標をお願いします――

 宮本さん:私は「さくらジャパン」のメンバーになってオリンピックに出場することです!高校を卒業したら。コカ・コーラレッドスパークスホッケー部に入部して,広島出身選手として活躍したいです!


 梅本くん:まずはU-18日本代表のメンバーに選ばれることです。60歳くらいになってもホッケーできるように,生涯ホッケーを続けていきます!

     (Hiroshima Buena Vista HCの萩塚代表)

 2人が所属するHiroshima Buena Vista HCは子供から大人まで幅広い年代の方が所属するホッケーのクラブチーム。


「今の全てが彼らの目標達成に向けた過程なんです。」


 そう語るのは,Hiroshima Buena Vista HC代表の萩塚さん。彼らの目標とは,目先の試合での勝利ではなく,将来トップ選手として活躍することや,生涯ホッケーを楽しむことだそう。

 「だから試合に負けたから,ミスしたからといって叱らないでくださいね」

と保護者に伝えている。もちろん,厳しく指導する場面もあるので,そういった時には,保護者へ連絡し,子供たちへのフォローを忘れない。

 こういった指導方針だからこそ,子供たちがのびのびプレーし,ホッケーを楽しむことができるのだろう。練習中,子供たちが笑顔で楽しみながらプレーしているのが印象的だった。


 もちろん,高みを目指すには,厳しい環境に身を置くことが必要なこともあるが,彼らの言葉からは,心の底からホッケーを楽しんでいることが伝わり,だからこそ,日々練習に励むことができるのだろう。

 一昔前,広島は「ホッケー王国」と言われ,全国でも屈指の実力だった。現在でもコカ・コーラレッドスパークスの活躍が光るが,学生世代はなかなか活躍できていないのが現状だ。


 「ホッケー王国広島」の復活へ。広島出身の若きアスリートが地元広島で活躍する姿を,日の丸を背負って世界で活躍する姿を,近い将来見られることを期待しよう。

本取材にご協力いただきました

Hiroshima Buena Vista HCの関係者の皆様,本当にありがとうございました。

(文・インタビュー 矢上/写真 向畑)