取材記事

激闘を終えたハンドボール日本代表~東京オリンピックの経験を活かしリーグ戦へ挑む~

 8月8日,史上初の1年延期で開催された東京2020オリンピックが閉会した。

 男女共に,特別枠として出場した日本ハンドボール勢。男子は1988年のソウル大会以来33年ぶり,女子は1976年のモントリオール大会以来45年ぶりの出場となった。


 今回は,オリンピックで活躍を見せた,湧永製薬ハンドボール部「ワクナガレオリック」所属で男子ハンドボール日本代表「彗星(すいせい)ジャパン」の成田(なりた)(こう)(へい)選手,株式会社イズミのハンドボールチーム「イズミメイプルレッズ」所属で女子ハンドボール日本代表「おりひめジャパン」の近藤(こんどう)()(はる)選手が登場。


 夏の熱さにも負けない熱い戦いを見せてくれた2人の選手に,オリンピックでのあの時,あの瞬間の心情から,8月28日にグリーンアリーナ(広島県立総合体育館)で開幕するリーグ戦への意気込み,そして大役の裏側にある日常までをインタビュー。


 白熱の試合以外で見せる,リラックスしたお二人の会話にも注目を!

()()()()

東京でのオリンピックという特別な舞台に立って

      (写真提供:国際ハンドボール連盟)

―オリンピックが終わった今現在の感想をお願いします。

 成田:オリンピックはこれまでに経験したことのない大舞台。全てが「すごい」の連続でした。今は「やっと終わったな」という安堵感もあります。もう一勝して1つ上のトーナメントに行きたかったという思いが強いです。「オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない」と選手同士で話しました。次回のパリ大会に向けて頑張っていきたいです。


 近藤:女子代表も同じ気持ちです。長期間の合宿から始まり,全てをオリンピックに捧げてきました。私は日本代表の中で最年少かつ経験も少ない選手です。特別な人しか立てないオリンピックという舞台に私が立たせて頂き,1日1日がとても濃く充実していました。帰ってきて休みをもらえるかなと思っていたのですが,2日間しか休日がなく,その後すぐ大学生と共に4日間みっちり合宿。ゆっくりオリンピックの余韻に浸りたかったのですが(笑),忙しくさせてもらっています。

      (写真提供:国際ハンドボール連盟)

 成田:お疲れ様です。僕は逆に休んでいますね。8月5日から入院して,6日に膝の手術をしました。現在入院生活中なので,ゆっくりさせてもらっています。術後4週間で競技復帰の予定です。こんなに休むのはいつぶりだろう…。でもこの生活も少し飽きてきました(笑)。休息はもう十分取れたので早くトレーニングを再開したいです。


―厳しい戦いの中,貴重な白星も手にしました。

 成田:勝敗にかかわらず,オリンピック自体が貴重な経験になったと思います。僕たちは最終戦で勝利を掴んだのですが,グループ内の得失点差で,目標としていた決勝トーナメント進出は叶いませんでした。試合自体には勝ったのに,全く嬉しくないという不思議な感覚が湧き,皆で悔し泣き。メディアによっては歓喜の涙と書かれていたので「ちょっと違うんだけど…」とは思いましたね(苦笑)。また,強豪ヨーロッパ勢に勝てたのも初だったので,そういった意味では「歴史を変えられた」という感覚があります。

      (写真提供:国際ハンドボール連盟)

 近藤:女子も同じく一勝することができたのですが,決勝トーナメントに行くにはもう一勝必要でした。勝利したモンテネグロとの対戦まではベストメンバーで試合を進めることができましたが,次の韓国戦からは怪我人が出て完璧ではない状態で臨むことになったんです。アクシデントが起こる中,負傷したメンバーの気持ちも背負い,残ったメンバーでチーム一丸となって戦いましたが,結果が伴わず悔しい思いが強いです。


―お二人とも広島のチームからの選出。試合外で,お互いを励まし合う機会は。

 成田:選手村の棟のフロアが一緒だったので,近藤選手とはたまに廊下で喋っていました。会えば長話をしていましたね。試合で悔しかったことや,たわいもない話とか…。


 近藤:成田さんは一回喋り始めると話が長いんで。

      (写真提供:国際ハンドボール連盟)

 成田:いやいや,近藤さんもでしょ。


 近藤:すごく喋るので,なかなか部屋に帰らせてくれなかったですね。


 成田:いやいや,どっちもおしゃべりなんで,喋り始めると止まらないんですよ。


 近藤:お互い様ですね(笑)。成田さんは大学の先輩でもあるので,先輩とオリンピックに行けたのはすごく光栄でした。


 成田:絶対思ってないだろう…。


 近藤:思ってますよ(笑)!


 成田:とにかく,身近である広島所属のチームから4人も選出されたことは,とても嬉しかったですよね。

(

(今回対談した2選手に加え,イズミメイプルレッズから板野(いたの)(みなみ)選手と堀川真奈(ほりかわまな)選手が東京五輪に出場した。)


オリンピックの経験を活かし広島に勝利を

      (写真提供:Yukihito TAGUCHI / JHA)

―今季,グリーンアリーナで男女同時開幕です。

 成田:僕は怪我の影響で開幕戦は出られませんが,今年からチームの最年長になりました。主力級の選手たちが退団しチームの動きが大きく変わる中,今まで以上にチームを引っ張っていこうと思っています。オリンピックに出たことにより注目度も上がったと思うので,期待に答えられるようなプレーを見せていきたいです。


 近藤:今シーズンは長期間による代表活動のため,自分のチームではあまり練習できていない不安はありますが,開幕までやれることにベストを尽くします。個人的には,代表と自チームのポジションが違うので,早く感覚を取り戻したいです。オリンピック出場経験を活かして,プレーやメンタル面でチームを引っ張っていけたらと思っています。男女共に同じ会場で開幕戦を迎えられるので,どちらも勝利して広島に元気を届けたいです。

      (写真提供:Yukihito TAGUCHI / JHA)

―オリンピックをきっかけにハンドボールファンを増やす活動は。

成田:僕個人では,試合告知や試合報告などインスタグラムで発信しようと思っています。


 近藤:本当はファンの皆さんと直接お会いしたいのですが,このご時世です。試合は入場制限で限られた方にしか会えないですし,会場でお会いした時にも,あまり近くにはいけません。しかし一人一人ファンの方の顔を見て,できることはやりたいなと思っています。そしてSNS。オリンピック期間中,試合を重ねていくうちにインスタグラムのフォロワー数も増え,1日100件程のコメントもありました。私には丁寧にコメントを返すくらいしかできませんが,真摯に皆さんと向き合いたいと思っています。


 成田:ハンドボールは,選手とファンとの距離感が近い点も魅力の一つです。僕もオリンピック開催時期から,インスタグラムでコメントや DM をもらう数が多くなり,フォロワーも一気に500人程増えました。今でも投稿やストーリーに対してDM やコメントをたくさん頂くので,反響の大きさを日々感じています。オリンピック中は「ハンドボールを初めて見ました」というコメントが非常に多いのも嬉しかったですね。

      (写真提供:Yukihito TAGUCHI / JHA)

―改めて,ハンドボールの魅力を教えてください。

 近藤:全てが素晴らしいのですが…。敢えて1つ挙げるなら,身体の大小に関わらず誰もが主役になれることです。小さい選手,大きい選手それぞれの特徴やプレーが注目されます。それと,スピーディーな試合展開。試合は30分×2本とハードなスポーツですが,あらゆる場面で目に見えない駆け引きが行われていることもハンドボールの魅力ですね。キーパーとシューターの駆け引き,ディフェンスとオフェンスの駆け引き。じっくり試合を見て頂きたいなと思います。


 成田:近藤選手が専門的な事を言ったので僕は教科書的な回答をしますね。スポーツにおける「走る・跳ぶ・投げる」という三つの要素が入っており,ゴール型のゲームで得点数が多いこと。そこが一番の魅力だなと思います。あとは激しいコンタクトとスピーディーなゲーム展開。そこに注目していただけたら,初めての方でも楽しめると思いますよ。

      (写真提供:Yukihito TAGUCHI / JHA)

―ご自身のプレーで注目してほしいポイントは。

 成田:僕は攻撃よりもディフェンスが得意なので,体の強さを生かしたディフェンスや駆け引きを見てもらえたらと思います。攻撃でも身長を生かしたロングシュートが得意です。フィジカル面にも自信があるので,そのような部分に注目してもらえたら。


 近藤:私は身長159 cmと小柄な体形で,代表の中でも一番小さい選手でした。成田さんとは真逆で小さい体を活かし,小回りを効かせるプレーが私の最大の特徴だと思います。機動力もあると思うので,相手を騙しながらプレーするのも得意です。キーパーとの駆け引きを伴うシュートも是非見てほしいですね。


―今季のチームの目標は。

 成田:日本リーグのプレーオフ出場です。主力が抜けましたが,新しいメンバーが入ってきました。一つでも上の順位にいけたらいいなと思います。


 近藤:私たちの目標は日本一になることです。日本リーグでは毎年,2位か3位という結果で悔しい思いをしています。ずっと優勝し続けている石川県の北國銀行を倒したい思いもあり,私はメイプルレッズに入団しました。今年こそは王者北国銀行を倒して,タイトルを取りたいと思います。

パワーの源は,スイーツと温泉と映画

      (写真提供:Yukihito TAGUCHI / JHA)

―成田選手のインスタグラムにはスイーツの投稿が多く並んでいます。

 成田:パンケーキとチーズケーキとプリンが好きです!まだインスタグラムに載せられてないスイーツもたくさんあります。


 近藤:一番のおすすめは何ですか?


 成田:「さかい珈琲広島千田町店」に天使のパンケーキっていうふわふわ系のパンケーキがあるんです。注文してから作り始めるので,出てくるのに40分から50分かかるんですがこれが美味しくて…。駐車場もあるので,車が停められるのもすごく嬉しいですね。広瀬北町にある「コリタ喫茶」のプリンもめっちゃ美味いです。そこは月替わりで季節のケーキも登場するんですが,これも美味しい。

 あとは,最近ベイクドチーズケーキにハマっています。しっとり系のチーズケーキが好きなんです。お店で食べられなかったら「ローソン」のバスクチーズケーキを買いますね。それに最近,並木通りにバスクチーズケーキの専門店が出来たんですよ!先日初めて代表選手と後輩と僕の3人で行ったんですけど,店の前の道路でパクッとそのまま食べました。めちゃくちゃ美味しかったです。退院したらまず,スイーツを食べに行きたいですね。

      (写真提供:国際ハンドボール連盟)

 近藤:スイーツの話題になると話が止まりませんね(笑)。成田さんは,ハンドボール界のスイーツ男子って呼ばれているくらいスイーツ好きで有名なんですよ。退院後,最初に何を食べたいです?


 成田:やっぱり,さかい珈琲のパンケーキかな。


 近藤:是非連れてってください,私も。


 成田:行きましょう!近藤さんは,温泉と映画が好きなんですよね。


 
 近藤:よくご存じですね。特に温泉が好きです。よく行くのは,近所のスーパー銭湯。

 成田:僕もよく行きます。コロナ禍で最近行けていませんが,映画館で映画を見て,スーパー銭湯に直行するコースは最高ですよね。映画は何が一番好きです?


 近藤:今まで一番見た回数が多いのは…「千と千尋の神隠し」です。


 成田:………ジブリ!


 近藤:最低でも10回は観ましたから!


 成田:僕が最近見てよかった映画は「グリーンブック」。そして鉄板ですけど「ショーシャンクの空に」もいいですよね。

     (写真提供:イズミメイプルレッズ)

 近藤:映画については,成田さんの方が詳しいと思います(笑)。


―最後にファンの方々へメッセージをお願いします。

 成田:コロナ禍で,会場でお会いできる直接の機会が,もしかすると少ないかもしれません。しかし今シーズンもネットで中継があると思いますので,熱い応援をしていただけたら嬉しいです。個人的にはオリンピックに出た経験をチームに還元して,少しでも勝利に貢献していけたらと思います。


 近藤:成田さんと同じになりますが,試合にはおそらく入場制限がかかると思います。直接見に来られない方たちも,ネット配信等で試合を見ていただきたいです。画面越しでも私たちの勝ちにいく姿や気迫溢れる姿を伝えられるようなプレーを約束します。日本一の目標に向けて頑張っていきます。


 成田&近藤:応援,よろしくお願いします!

【成田幸平 Kohei Narita】 

 京都府出身。1989年6月15日生まれ。中学時代からハンドボールをはじめ,京都府立洛北高等学校から大阪体育大学へ進学し,年代別日本代表に選出される。大学卒業後,湧永製薬ハンドボール部「ワクナガレオリック」へ入団し,日本リーグでは2013年にベストセブン賞・フィールド得点賞を獲得。2013年から日本代表に選出され,多くの国際試合で主力として活躍。2014年から2年間は,ドイツ・ブンデスリーガのフュクセ・ベルリンのセカンドチームへ移籍し,海外での経験を積む。その後,2016-17年シーズンから湧永製薬ハンドボール部へ復帰し,2019年には通算400得点を達成するなど,エースとして活躍する。

【近藤万春 Maharu Kondo】

 福岡県出身。1996年1月24日生まれ。筑紫女子学園高等学校では,第5回女子ユースアジア選手権の日本代表Uー18に選出。大阪体育大学へ進学後も,各世界大会での日本代表に選出され,全日本学生ハンドボール選手権大会においては2年連続で最優秀選手賞を受賞。2018年から「イズミメイプルレッズ」の前身「広島メイプルレッズ」に所属。2018-19年シーズンには最優秀新人賞を受賞し,2020-21年シーズンのベストセブンにも選ばれるなど,若手として今後の活躍が一層期待される。

 普段から親交があるという成田選手と近藤選手。お二人の素顔が垣間見えるクロストークで,とても明るい雰囲気に包まれたインタビューとなりました。リーグ戦開幕直前というお忙しい中,取材にご協力いただき本当にありがとうございました。


(文・インタビュー 大須賀あい/写真・一般社団法人日本ハンドボール協会・国際ハンドボール連盟・イズミメイプルレッズ・ワクナガレオリック提供)