スポーツアクティベーション
ひろしま

広島県庁スポーツ推進課にスポーツコミッションを立ち上げました。広島県内にある様々なスポーツ資源を活用し、地域活性化を目指します。スポーツで地域活性化=県民がスポーツを通して笑顔になるような活動を進めて参ります。

SAH スポーツアクティベーションひろしま
もっと笑顔にひろしまを。スポーツの力で!

事業内容

1
わがまちスポーツの推進

県内市町それぞれの目指す姿の実現に向けて、スポーツを活用して行う取組を「わがまちスポーツ」と定義し、県域として多様な地域活性化の姿を生み出す

2
広島横断型スポーツ応援プロジェクトの運営

県民に対して新たなスポーツの楽しみ方を提供するとともに、チームの経営をサポートする「広島横断型スポーツ応援プロジェクト」を運営

3
スポーツネットワークの構築

SAHの活動理念に賛同する有識者をアドバイザリーボードのメンバーとして任命し、県内市町のスポーツ推進を支援する体制を構築

スポーツコミッション
とは

スポーツと、景観・環境・文化などの地域資源を掛け合わせて、戦略的に活動することで、まちづくりや地域活性化につなげる取組を推進するため、地方公共団体とスポーツ団体、観光産業などの民間企業が一体となって活動を行っている組織。令和元年10月現在、全国に118団体。

代表

代表 神田康範
神田康範 Yasunori Kanda

Message

スポーツアクティベーションひろしま代表の神田康範と申します。広島の地で新たな形でスポーツに関わるを楽しみながら運営しています。

この機会を与えてくださった湯﨑知事を含め、広島県庁の皆様に心から感謝しております。

これまで民間でスポーツやスポーツチームの経営に関わってきたノウハウを活かし、広島県の皆さんを笑顔にしたり、スポーツチームを横断型に支援していきたいと考えています。

新しいことにドンドン挑戦し、民間×行政でケミカルを起こしていきたいと思います。

1981年熊本県生まれ。大学卒業後、大手スポーツメーカーに入社して5年間米国支社に勤務。帰国後、大手スポーツマネジメント会社などを経て、「HONDA ESTILO」で本田圭佑のマネジメントを担当。2015年から、オーストリアサッカー2部リーグ「SVホルン」CEOに就任。2018年から2019年まで、Bリーグライジングゼファーフクオカの代表取締役を務める。2019年、火の国サラマンダーズ代表取締役就任。

スタッフ紹介

  • 市町支援戦略ディレクター

    藤原直幸 Naoyuki Fujiwara

    市町支援戦略ディレクターとして、主に「わがまちスポーツ」事業を担当しています。
    なかでも福山市と北広島町をメインの担当として活動しています。このほか、SAHの成果指標に関する調査や研究を進めています。

    岡山県井原市生まれ。現在の実家は福山市。2004年早稲田大学政治経済学部を卒業後、番組制作会社を経て2008年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を修了。修了後は公益財団法人笹川スポーツ財団でスポーツ予算や公共施設をテーマとしたスポーツ政策を中心にさまざまな調査・研究に携わる。2019年11月からは、一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構にてスポーツコミッション設立のコンサルティングなどを行う一方、スポーツアクティベーションひろしまの市町支援戦略ディレクターとして活動中。

  • マネージャー

    河本卓也 Takuya Kawamoto

    代表の神田をはじめ、SAHのスタッフ、市町や関係団体がスポーツを活用して広島を笑顔にしていけるよう、主にSAHの組織運営や内部調整に携わっています。

    1998年広島県庁入庁。以降、土木建築局、県立広島大学、教育委員会、経営戦略チームなどを経て現職。2017年には東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるメキシコ選手団の事前合宿の誘致に携わり、2019年からは「スポーツを活用した地域活性化」に向け、広島県スポーツコミッションの設立(現・スポーツアクティベーションひろしま)を担当。2020年4月からはSAHの一員として活動中。

  • コーディネーター

    矢上永恵 Hisae Yagami

    SAHでは主にウェブサイトの更新やSNSの投稿を担当していますので、SNSでやってほしい企画など、コメントお待ちしております。生まれ育った広島を、大好きなスポーツで盛り上げていくために皆さんと一緒に頑張っていきます!

    広島経済大学経済学部スポーツ経営学科を卒業した後、スポーツ用品店の販売員を2年、スポーツセレクトショップの店長を2年勤め、2020年4月からスポーツアクティベーションひろしまのコーディネーターとして活動中。